青山繁晴・東国原英夫出演「北方領土返還されるのか?」2016.9.24

このサイトは移転しました。新サイト:h-ishin.comで記事は更新しています。(過去の記事もすべて移転しています)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:(新)橋下維新ステーション
新着記事:(新サイト)維新ニュースinfo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

青山繁晴・東国原英夫出演「北方領土返還されるのか?」2016.9.24

おなじみ、胸いっぱいサミットです。

東さんツイッターより)
 本日、OAの「胸いっぱい」。北方領土問題。どういう編集になったかは分からないが、僕は「先行2島返還が現実的」と主張した。先日の新聞報道では、やはり2島返還で話が進んでいるようである。
 因みに、青山繁晴氏は「樺太や千島を含め交渉のテーブルに乗せ、その半分という事で、4島返還を主張。僕が「それは理想論である」と言うと、青山氏は「そうでは無い」と突っ撥ねたが。

また、バトルになった!?

では、OAをご覧下さい。

※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x4uilr7

青山さんが言ったこと・・・

北方領土に対する意見はどうあれ、
歴史的事実は知っておかないとマズイですよね・・・

因みに、青山・東の大バトル
青山繁晴氏が東国原氏と大バトル!?「えらいこっちゃ 生SP」 2016.1.9

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


北方領土
日本は少子高齢化社会で地方の村落がどんどんと消滅中です。
歯舞、色丹島を返還されても日本人が今後居住することは考えにくい。
歯舞島は国境警備隊員だけだから実質的な島民はゼロ、色丹島は3000人
程度の島民が居住しているが全員ロシア人。
仮に返還されたとしても日本がロシア人の為にインフラ整備して役所や
学校、郵便局、銀行などを作るのは全くムダなことだ。
このインフラに掛かる費用以外にロシアに極東開発の為の費用、数千億円
を支払うならムダ金を投資することになる。
日本人が例え数人でも暮らしているならば返還してもらうべきだと思うが
現状ではその必要はない。
2島返還でロシアへの費用負担がゼロ、というならば政治的な意味合いが
あると思うので許容できるけれどね。
[ 2016/09/25 00:33 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。