松井知事:先に「総合区」を決定しておくのもありだ。導入までの間に「特別区」の意思を問う形もある。

新サイト(h-ishin.com)に移転しました。(過去の記事もすべて移転しています。こちら旧サイトの記事は4月末に削除の予定です)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:橋下維新ステーション(h-ishin.com)
新着記事:維新ニュース(ishin-info.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

松井知事:先に「総合区」を決定しておくのもありだ。導入までの間に「特別区」の意思を問う形もある。

記者から、総合区と特別区の住民投票について問われ
松井知事が、その手順・方法について踏み込んだ発言をしました!

タイトルのシーンは(1:44
※画像をクリック(スマホは2回)すると再生が始まります。動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…
(ボリュームが小さいので大きくしないと聞き取りにくいです)

大阪府 「総合区」導入決定を優先 大阪都構想で松井知事(毎日新聞)

松井知事
最悪でも、今より前に進める手を打つ様です。

この方法だと、ややもすると、
住民が総合区で妥協してしまう可能性があります。

しかし、総合区も×、特別区も×、という事態は避けられます。

大阪の為に、確実に現状を変える

そして、現状維持や(自民)24区案と完全に決別する!



当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


なるほど。
管理人さんの仰るように
特別区も総合区も両方とも否決、結果現状維持という事態は避けなければならないですよね。

最悪、妥協してでも大阪を前進させて、その上で目標に向かっていく。正直、この先どうなるかわかりませんが、維新の本気度が伝わってきます。

特別区までの道のりは果てしなく長いですが諦めずに応援して見守っていきたいと思います。

ここを訪れる皆さんも多くの方が同じ気持ちだと信じています。一緒に頑張りましょう‼

ローマは一日にして成らず
[ 2016/09/24 09:37 ] さん@管理人 [ 編集 ]
元々「特別区と総合区を選ぶ住民投票」は現在の法律の建て付け上は不可能とのことだったので、どうやって実現させるのだろうと思っていたのですが、こういうやり方があるのですね。
「物事を進める手法を考える」役がどなたなのかはわかりませんが(橋下顧問?)、脱帽の一言です。

このような手を読んでいなかったであろう、前市議会議員やその他「特別区になったら困る」人たち(毎度お馴染みのクレーマーを含む)が、自分で一生懸命考えたのであろう「理屈」でキャンキャンいちゃもんをつける様子やコメントを、ついに「楽しめる」ようになってきました。

[ 2016/09/24 17:12 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。