橋下氏「日本国籍ガーと国籍を議論している人が多いけど、国籍って何かをちゃんと考えているのかな?」9/20のツイート

このサイトは移転しました。新サイト:h-ishin.comで記事は更新しています。(過去の記事もすべて移転しています)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:(新)橋下維新ステーション
新着記事:(新サイト)維新ニュースinfo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

橋下氏「日本国籍ガーと国籍を議論している人が多いけど、国籍って何かをちゃんと考えているのかな?」9/20のツイート

【激論、集団的自衛権】橋下×羽鳥の新番組「憲法学者・木村草太登場」2016.9.19
で、橋下さんから飛び出した「外国人に被選挙権を」(その場面:8:43

橋下徹氏が外国人政治家の招へいを提案 有能ならば「外国籍でもいい」(livedoorニュース)

この発言のフォローと思われるツイートが投稿されました。

(9/20の投稿から「豊洲問題」以外を抜き出してまとめました)

(twilogより引用)
最近、日本国籍ガーと国籍を議論している人が多いけど、国籍って何かをちゃんと考えているのかな?血統主義と生地主義があって日本は血統主義。僕は血筋とういのが嫌いで生地主義に近い考えなので、今の日本国籍には疑問を抱く。ただ血統主義の象徴の天皇制までは否定しないけど。

日本国籍ガーと国籍を語る人に限って、日本の国籍法が採用する血統主義の思想的根本問題を何も考えていない。血統主義とは個人で人生を開く希望・可能性を奪う考え方。血筋が全て。これからの時代、そんな考えでいいの?その地で生まれて育って国を想えば国籍を与える生地主義の方がいいね。

日本国籍ガーと国籍を語る人に限って日本の国籍法が採用する血統主義の思想的根本問題を何も考えていない。血統主義とは個人で人生を切り拓く希望・可能性を奪う考え方。血筋が全て。血筋なんか言い出したら俺はアウトだよ(笑)何よりもうちの子どもが血筋なんてのに拘束されるなんてまっぴらごめんだ

血筋を重視するのは嫌いだ!と言っても、これまでの2千何百年の歴史は流石に否定できないですよ。こういうのも平気で否定するのが自分こそが絶対に正しいと思っている自称インテリかシールズみたいな若者。僕もお爺になりました RT @LjEuj: 何故天皇制までは否定しないんですか?

富山市議会の政務活動費問題が大きく報道されて、今後、富山市議会はシャキッとするだろう。マスメディアの功績だ。しかし富山市議会の政務活動費問題はまだ小物。本丸、大物は国会議員の月額100万円文書通信交通滞在費。まずは領収書の添付を求めること。今は領収書がないから不正も出てこない。
(引用終わり)


恐らく、番組収録ではさらに喋っていたけど、カットされちゃったのかな??
あれでは誤解されますよね・・・(-"-;)

橋下さんの「外国人に被選挙権を」発言、(くどいですが)改めて書いておきます。

投票する側(有権者)の国籍にはこだわる
 (日本国籍のみ持つ者、重国籍者はダメ)←ここ結構重要(何故か難色を示す人多そう…)

選ばれる側(立候補者)は国籍を問わない
 (重国籍者、さらに外国人でも、有権者が適任と思い選ぶのなら構わない)

投票する側(有権者)が、(立候補者の)国籍を事前に認識しているのが前提

選ばれる側(立候補者)が国籍をオープンにして、事前に投票する側にキチンと説明する事
 (分からないまま投票させるのはダメ、立候補時に隠したり確認しないのは、政治家の資質に問題有)

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


ツイッターでtakeutiisaoって人が早速、維新から橋下さんを
除名しろって叫んでますな。本当にこの人、維新支持者かな?
[ 2016/09/21 10:09 ] さん@管理人 [ 編集 ]
追っかけ(笑)
茶髪の時代から追っかけている者にしたら、「外人でも選挙に出てもいい❗」ぐらいでは驚きませんね(笑)ビックリするテーマはまだまだありますよ(笑)
[ 2016/09/21 18:18 ] さん@管理人 [ 編集 ]
出生地主義もどうかと思いますが…。
まず、皇室は「天皇制」という制度ではないです。
日本が血統主義を選んできたのは、
歴史に裏打ちされた、それなりの理由があると思います。

私は血統主義というものを否定しません。
なぜなら、血統主義を貫ける国って
ある意味、非常に稀有な国じゃないでしょうか?

アメリカ、カナダ、オーストリア、ブラジルなどの新興国や
王政を廃止させられた国にすれば、血統主義になりたくても
元々無いのだから、出生地主義しか選択肢はないでしょう。

実際、日本の華族達によって「大変有益な外交」が
展開されていた事は、事実ではないでしょうか?

ノブレッソブリージュ』=高貴なる者に伴う義務は、
先祖代々、幼い頃から叩き込まれ精進してきた人達と、
ただ単に、才能があり頭脳明晰なだけの人達とは、
「違い」はあると私は思います。

そういう人達が追いやられてしまったからこそ、
今の日本の政界には、ロクな奴がいないのではないでしょうか?
だから未だに日本は「アメリカの犬」などと揶揄されても、
屈辱を感じる事もできない日本人がいるのではないでしょうか?

だからこそ、蓮舫のような二重国籍スパイが国会議員にいても、
なんとも感じず、「法律的には問題ないから…」と、
日本の国益や歴史を度外視した、
トボけた発言をする人達がいるのでは?

アメリカは移民の国で二重国籍オッケーだけど、
実は、物凄く白人種と他の有色人種との差別をシッカリしています。
見た目どんなに金髪でブルーアイでも、
16代遡って先祖に有色人種がいないか、チェックしていて、
先祖に有色人種がいれば、
白人種のカテゴリーからは排除されるそうです。

出生地主義と言いつつ、血統主義のない国にはそれなりに、
「えらく差別のある事で…」と
何が良いのやら納得がいきませんが…。
[ 2016/09/22 00:29 ] さん@管理人 [ 編集 ]
このあたりのことは橋下氏興味なし(笑)
椿さん、偉そうなこと言ってごめんなさいね。橋下さんは純血って言葉に異を呈しているだけじゃないですかね。家系を何代まで遡っていけば、誰もが納得できる純血といえるのか?ここらあたりでしょう。純血の日本人の定義とは?なんて、ここらも言い出すと歴史学者では間に合わず、地球学者?に聞く羽目になりそうです(笑)差別を助長するような、差別という言葉が頭を掠めるようなことには至極敏感な橋下氏。そこんとこ、どうか解ってあげてくださいね。
[ 2016/09/22 07:30 ] さん@管理人 [ 編集 ]
京都の住人さん、
ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通り、橋下さんはヒトラーのような
純血主義に異論を唱えてるんでしょうね。

ただ、皇室以外の血統を誇る華族達にも、
素晴らしい功績』を残した方達がいた事も
知っておいて欲しいなーと思います。
(まあ、博識な方だからモチロンご存知でしょうが…。)

橋下さんは大好きだし、もしかして、
私が思い違いをしているのかも分かりませんが、
私は時々橋下さんの言動に、
「国家観」が抜け落ちてるように感じる時があるのです。
そこが不安といえば不安に思うところです。苦笑。
[ 2016/09/22 22:43 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。