橋下氏「豊洲問題。土壌や地下水の汚染物質が全て除去され、分厚いコンクリート(天井)で蓋がされている場合には、空洞は盛土以上の安全対策となる」9/16のツイート

このサイトは移転しました。新サイト:h-ishin.comで記事は更新しています。(過去の記事もすべて移転しています)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:(新)橋下維新ステーション
新着記事:(新サイト)維新ニュースinfo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

橋下氏「豊洲問題。土壌や地下水の汚染物質が全て除去され、分厚いコンクリート(天井)で蓋がされている場合には、空洞は盛土以上の安全対策となる」9/16のツイート

(twilogより引用)
豊洲問題。第8回技術会議において、万が一環境基準を上回った地下水となった場合にはその対応のため、建物の下に作業空間が必要であることの説明がきっちりとある。そして地下空間の利用についても説明がある。このときになぜ技術者会議は盛土を削る危険性を指摘しなかったのか。

「第8回豊洲新市場予定地の土壌汚染対策工事に関する技術会議」会議録(pdfファイル)

豊洲問題。第8回技術会議で建物下には地下水管理のために地下空間が必要であることの説明あり。しかしその部分に盛土がなくなることは何ら問題となっていない。汚染物質を残したまま蓋をする対策ではなく、汚染物質を全て除去する対策だったので、盛土を絶対的なものと感じていなかったのではないか?

豊洲問題。土壌や地下水の汚染物質が全て除去され、建物床(地下の床ではない)の分厚いコンクリートで蓋がされている場合には、空洞は盛土以上の安全対策となる。なぜなら土が人に触れることはないし地下水も地上に上がってこないから。ただし地下水が浄化されてベンゼン等の揮発がないことが前提。

砕石層(地下の床)はむき出しでも良いんです。地上建物の床、地下から見ると天井のコンクリートが重要です。法律では10センチ以上。今回は35センチから45センチ。 RT @tenjin0405: 分厚いコンクリて何センチからです? 現実は砕石層剥き出しです

豊洲問題は、安全性の問題よりも、なぜ地下空洞化が専門家会議や技術会議全体のコンセンサスになっていなかったかだ。都のホームページも稚拙だった。ただこれは通常の土壌汚染対策を超えて、完全無害化対策をやったので、建物をどう建てるかはもはや自由だと考えてしまったのではないか?それとも闇?

建物建設前に有害物質は除去していますよ。地下水も。今の報道ではこの大前提が抜けている。 RT @ryou_kisaragi:砕石層がむき出しだと、そこから気化した有害物質が地下空間に充満し、地下空間への出入り口を開けたとき、そこから上へ有害物質が逃げる。

豊洲問題。今、日本中が誤解の嵐に飲まれている可能性が大きい。盛土は汚染物質に蓋をするためのもの。汚染物質がなければ盛土は不要。汚染物質が土壌や地下水に存在するのかどうかの確認がまず必要。都のこれまでの対策では土壌にも地下水にも汚染物質は存在しないはず。

技術会議8回では、今後、万一汚染物質が出てくれば、建物下は掘り返すことができないので、予め地下空洞の作業スペースが必要だとの説明があります。RT @odawara1313:何のための空洞なのだろう?排水パイプ等のメンテナンスだと?メンテナンスに4,5mは、逆に手間がかかる高さだ!

産経も大誤解。地下空洞の下部分も汚染物質は除去。AP+2以上は汚染があろうとなかろうと全ての土を入れ替え。地下水は環境基準に適合。すなわち豊洲は、通常の土地のように使ってもよくなったので地下に何を作ってもいい。専門家会議が地下の危険を指摘したのは汚染物質が残る当初対策案が前提。
※指摘したのは恐らくこの記事:豊洲市場 施設の空洞下にも新たな構造物 汚染懸念も(産経ニュース)
(引用終わり)


参考記事:豊洲青果棟、地下コンクリ床なく砕石層むき出し(ヨミウリオンライン)

(一部引用)
「青果棟」の地下空間の床にはコンクリートがなく、地下水の上昇を防ぐために都が敷設した厚さ約50センチの「砕石層」がむき出しになっていることが、都への取材でわかった。

 都の担当者は「天井部分がコンクリートで覆われ、土壌汚染対策法の安全基準を満たしている」としているが、都はこれまで砕石層がむき出しになっていることを説明していなかった。(引用終わり)


問題は無いとは思うんですが、地下水が上がってきてしまったのは想定外だった??

専門家による安全性の確認をし、必要があれば地下水の対策をして、一件落着でしょうか?

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


都庁職員が嘘をついていたことと出来上がっている現状の建造物構造による食品の安全性についてとはこれは全く別の問題だ。小池さん!朝鮮民族のテレビ新聞に惑わされるな!
これは私も橋下さんがおっしゃられている通りだと思う。
そもそも盛土にしてその上に直接コンクリート床を敷き詰めていてそれで地下土壌に含まれていたとされる汚染物質の含まれた土壌の上に之を敷くよりも、地下の汚染土壌を破棄し取り払い底にコンクリート敷地を構造し其の上で底から天井部分の建屋建設の底部分に当たる地表までを或る程度の空間を作って構造する方が、より汚染という意味の心配からは遠ざけられるはずだ。

汚染という部分の内容に関してその取りあえずの解決とすれば、そこに接触を可能な限り避ける、つまり空間を作りその汚染してたとする地底から遮断した状態で空間を作ることはより安全性を確保できると思っている。

マスコミメディアは方向性を本質をちょっと間違えている。

つまり盛土をしてそこを空間など作らない状態で建屋を建設すると言っていたのに、底に空間を作った。
其れは安全ではないかに伝えているがそこは根本から違う。

出来上がっている構造物のその意味からいけば、こと安全性という意味からは、そら汚染されていたとされる土壌を取ってそこに盛土をしてそれに密着した状態でコンクリートを底面を張って建屋を上に建てるよりも、
空間部分で或る意味汚染土壌部分から建屋を空間で遠ざけて、そことは空間を間で切り離して建屋を立てた方が、そら安全性という意味合いではそっちの方が安全に決まっている。

新聞テレビは盛土をして空間を作らないと言っていて実は空間部分を作りそして都がそれを盛土をしていると嘘をついたことを、それがその嘘があたかも安全性とかかわるなどと言っているが、それとこれとは問題の焦点の中身が違う。

一斉に共産党が声高に糾弾しているが問題の本質はこの建設構造で果たして安全かどうかであって、職員が嘘を言っていた云々はこれはまた別のファクターだ。

放射能被害が出ている地域でそこの一帯を遮断しそこからは何キロ四方一切近づけないようにする。
当たり前で出来る限り底から空間距離で離れる方がいいのだ。
常識のレベル。

意味はあれと同じで、
今回の豊洲の構造物に於いても建屋自体を汚染土壌とは一切切れた離れた状態にする、つまり空間離すというのが科学者とか建築家にすれば常識の部分。

近づけば近づくほど接触すれば接触するほど安全性から守れない。

その意味で行けば、今回の豊洲の問題は、汚染箇所から空間を作ってそこからは可能な限り距離を作ってまあ言えば隔離した病原からそこから空間の距離を取って離れたということ。

病原菌でも接触感染という言葉がある。
接触さえしなければ感染しませんよという奴。
あれと同じだ。

盛土でやれば接触してくるのでいずれ年月で、まあそんなことも無いだろうが接触であれば、むしろそっちの方が実は怖い。

汚染地域から空間で離れば離れるほどより安全になる。

まあ揮発性ベンゼン物質と思えるものは今回検出されていないので、これ以上安全性という問題はもうないのでは?
あの溜まっている水をどう遮断指導取り除くのかだけになってくる。
水質に問題はないという検査結果なんだから。

後は建屋の構造上の地下構造の空間部分の耐震という意味合いの部分だけになる。
身近につながって接触した状態よりも空間で切り離されている方が、よっぽど安全のはずだ。
こんなこと常識だ。

一連の報道で一番の問題は都庁の職員が嘘を発言したことだ。
これが実は小池さんが今回知事になって一番やらねばならぬ負シマ電とされる構造体質だ。
此処に早く取り掛からないとこんな豊洲にばかりかかって居られない。
建造物の耐震が大丈夫かどうか此処だけで後はもう移転にゴーでいいんじゃあないのかねえ。
これ、豊洲に費やした予算の不透明部分は、この後又PTでも作って予算の異常な使われ方を検証すればいい。
耐震と溜まってる水の問題の処理さえ解決できれば、移転は出来るだけ早くやれるようにすべきだ。

今回の内容に限って言えば、この都庁職員幹部が嘘を発言したことと、市場機能、稼働でのこの豊洲市場での食品の安全性とはこの嘘とは全く別に扱う問題だ。
この都庁の職員らが付いたとされる嘘については、ここは多分東京都庁内でふつうに起きている利権構造の最たる部分が伏魔殿で存在していることの表れの象徴だろう。
此処は小池さんに男になって貰って刃をふるっていただきたい。

ただ嘘と、食品の安全性を脅かすという、この内容とは根本的にこれは全く違う。

小池さんの判断ミスを誘う巧妙な細工をやっている。

失点を、わざとでっち上げで作らせて無理やりこれであおるだけ煽り、国民に間違えた誤解をさせ、いかにも嘘をついていたとされることが直食品の安全性に繋がるごとくに煽ってあおって、テレビでやり、それで難しくはないが今まで安全性の不安を煽られている状況での、でも決断を出さねばならぬ小池さんは結果として安全性は保たれているとしてそれを押し切って移転をやるという判断を小池さんがした時の、その時のこれだけ不安をあおったその矛先を小池さんへのなんで移転でいいの?という本当はあり得ないんだがでもここまでテレビで勘違いさせて煽り続けているので、国民はテレビによって不安を作らされてしまっている状況で、決定に【本当に大丈夫なん?】という国民からの不信感、テレビでの作られたこの間違った認識を不信感を作り上げられ、それを小池さんに集中的に持っていこうと、それを小池さんに向けさせるための、本来問題の中身がそもそも違うものを煽り立て、有りもしない内容ででっち上げてきた煽りの内容で小池さんへの追及に使うための巧妙な工作だ。

結論を出さねばならぬ小池さんの判断を、自分らテレビがでっち上げてあたかも錯覚をさせて作り上げた本来有りもしない食品への不安感を国民のこの気持を最大限煽って置いて、もう国民が後戻りできないほどの何でもかんでも不安感にさせて置いて、今度はこれをネタに、
【国民は不安を持ってます】と小池さんに突き付けて後々潰す材料の糾弾材料にしようとの工作だ。

本来元々はこの食品の安全性については、今回の構造物でそもそも無いにもかかわらず、さも都庁の職員が嘘を言って行っていたということを捉えてそれがすべて食品の安全性が守れないなどという方向に捻じ曲げて国民を煽って来た。

これほど愚かな報道担当者が今の日本のマスコミメディアの現状。
朝鮮民族が報道をやると、世界中常にこういう報道をやる。
[ 2016/09/17 12:05 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。