9/11(日)和泉市議会議員選挙「大阪維新の会 公認候補者紹介」

新サイト(h-ishin.com)に移転しました。(過去の記事もすべて移転しています。こちら旧サイトの記事は4月末に削除の予定です)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:橋下維新ステーション(h-ishin.com)
新着記事:維新ニュース(ishin-info.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

9/11(日)和泉市議会議員選挙「大阪維新の会 公認候補者紹介」

(deja vuさんのツイッターより)

選挙ポスターの画像は・・・


3名共、「新人」での立候補です。
結果は、恐らく際どくなると思います。

しっかり応援して、全員当選目指しましょう!!

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


 こう見ると、大阪府知事、大阪市長が大阪維新。大阪府議会、大阪市議会はともに過半数ではないが第一党が大阪維新という、所謂大阪維新が政権与党のような状態であっても、まだまだ各自治体では大阪維新が初挑戦で不毛の地という地域が沢山ありますからね。

 こうやって地道に維新の力を拡大していくしか道はないのでしょう。有権者から、旧態依然とした政治に風穴を空けてくれるという大阪維新に対する大きな期待感があるだけに、選挙で敗れた時のショックも大きいでしょう。でもそれにくじけずに支持者・有権者がしっかりとブレない意志を持ち続けることが大事。それが政治家に力を与えるんだと思います。

 大阪都構想の住民投票やこれまでの数々の選挙もそうでしたが、もしこれからも何か失敗すれば「結果が全てだ。」と言って容赦なく切り捨てる者もいるだろう。しかし、批判ばかりするものは大抵は口先だけ。或いはそもそも改革そのものを全否定し拒絶する者ばかり。そんな連中の声なんてほぼ気にする必要はない。一定の批判にも合理的なものには耳を傾け、あとは信じた道を突き進むべし。

 勝つときもあれば、負けるときにもある。失敗や漠然とした不安、そして負けることを恐れて何もしないことは長い目で見ればさらに自分を苦しめるだけ。問題先送り。挑戦することを恐れ、悪い意味で保守的であり、現状維持が精一杯。まさにこれまでの日本そのものがそうじゃないですか。
[ 2016/09/07 11:14 ] さん@管理人 [ 編集 ]
足元からしっかりと
全国に維新スピリッツを広めて行くためには、もちろん国政で名前を売って行く事も大切ですが、地元に根差した議員の方たちを着実に増やしていき「本当の国民のための政治」というものを身近に感じて貰う事が地道ながら一番有効だと思います。

大阪では維新の方たちの努力のお陰で維新スピリッツに賛同してくれる方が増えていますが、維新の改革、維新政治を[橋下さんがいたから。松井さんがいたから。吉村さんがいたから。大阪市だから。]と言わせないためにも、こうした地方議員の方たちを増やして[うちの街でもこんなに変わるんや]と実感してもらわないといけませんね。



[ 2016/09/07 15:50 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。