【民進・共産のウソ】一番大事な「経済政策・社会保障」に触れない「共通政策」 本気で国民の事を考えてるのか?

新サイト(h-ishin.com)に移転しました。(過去の記事もすべて移転しています。こちら旧サイトの記事は4月末に削除の予定です)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:橋下維新ステーション(h-ishin.com)
新着記事:維新ニュース(ishin-info.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

【民進・共産のウソ】一番大事な「経済政策・社会保障」に触れない「共通政策」 本気で国民の事を考えてるのか?

「共通政策」をまとめたから野合じゃないと言い張っている民進・共産

では、どんな共通政策なのか?
共産 民進 社民 生活 豊かに発展 4野党共通政策 参院選で安倍政権に代わる政治を 小池書記局長に聞く(赤旗)

(一部引用)
 ―具体的にどんな内容でしょうか。

 大きな中身としては、これまでの安保法制(戦争法)廃止・立憲主義回復に加えて、次の三つがあります。

 一つは、アベノミクスによる国民生活の破壊、格差と貧困の拡大を是正するということです。

 これは、経済政策の大きなテーマになっていくと思います。労働者派遣法の改悪など、労働コストの削減によって国民生活がズタズタに破壊されて、貧困と格差が広がった。これをただしていくという、野党間での基本的な方向性が確認されました。

 二つ目に、環太平洋連携協定(TPP)や沖縄問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治に反対するということです。

 TPPそのものの是非について野党間の考え方の違いはあったとしても、「国民に十分な情報提供」を求めた「国会決議」に違反するようなやり方は容認できない。沖縄の基地問題でも、県民の声に耳をかさない強権的なやり方については容認できない―この立場を野党間で確認できたと思います。

 三つ目に、安倍政権のもとでの憲法改悪に反対するということです。

 安倍晋三首相自ら参院選で改憲を問うとしているし、自民党の選挙公約でも改憲が入っている。それに対し野党が明確に反対する。今後の論戦の大きな足掛かりになっていくだろうと思います。


と言う事です・・・

参院選の世論調査
関心のある事柄、1位「経済政策」2位「社会保障政策」

「国民生活の破壊、格差と貧困の拡大を是正」

国民生活の破壊・・・??は、何を言ってるか分かりませんが(^_^;)

「格差と貧困の拡大を是正」なんて、自民党から生活、日本こころに至るまで、どの党だって一致しますよ。

つまり、具体的な事は、何も決めていません。 いや、決められなかったのがホンネ。
民進・共産では、そりゃ違いますもん。
お互い、ハナからまとまるなんて思ってない・・・

言い訳するため、(特に共産党を知らない)有権者をだますため、どうでもいい文言でごまかした。
共産党を見てきた人は、「あ~またか」ですよね(^_^;)

だから、党首討論であれだけ突っ込まれる。

【参院選】(最後の!?テレビ党首討論)「おおさか維新は『政治資金規正法改正』を主張。しかし『規制』について他党はスルー」2016.6.24(民共にやさしいTBSでさえかばいきれない)

有権者をだまそうとしているのを、放っておけませんよね。

「社会保障政策」も、もちろん一致できない。
こちらは関しては全く触れず・・・
信じられない無責任さ・・・

TPPについて「反対」と書いてあります。

民進が民主党政権時代に、TPP「交渉参加」を決定しました。

しかし、最近のTPP審議をみれば民進は反対の姿勢の様です。
「政権時代の判断は間違えていた」と、考え方を変えたんでしょうか?

では、民進党の参院選政策集で確認してみましょう
https://www.minshin.or.jp/election2016/policies

あれ、あれれ!
「TPP」ってどこにも書いてないぞ!!!

共通政策で書いているのに、自身の政策に書いてない!!!

もう、お分かりですよね!

民進には、TPP賛成派が多数います。
共産と賛成派に配慮して、書けなかったんです!

自分の党もまとめられないのに、その上の「共通政策」ってなんなんでしょう(# ゚Д゚)

ご案内の通り、自衛隊や日米安保は、民進・共産まったく違っていて突っ込みどころ満載ですが、
国民生活に直結するテーマでも、とてもとても任せられる状況では無い訳です・・・

自公だって共闘している、との声もありますが、

このレベルと全く違います。
党内で賛成反対大いに議論して、最終的に党の統一見解をまとめています。

自民・公明の協力と民進・共産の野合はここが違う(アゴラ:八幡 和郎氏)

たとえ、今の政治に不満があっても、
「民共共闘」に、だまされないで下さい。

こんな民共が力を持ったら、どんな政治になると思いますか?
今より停滞するのは確実です。

万年野党でいる間は、「対案無しの反対」だけしていれば問題無いんですから・・・

関連
(参院選ネット党首討論)【民共野合 決定的問題にツッコミが入る】2016.6.19

P.S.
コメントの承認は管理人の独断ですので、ご承知おきの上コメント願います。
(工作員対策で書きました(^_^;))

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。