橋下氏「ついに朝日新聞が社説で憲法改正のすすめを主張!!ミャンマー憲法のことだけど・・・」3/31のツイート

新サイト(h-ishin.com)に移転しました。(過去の記事もすべて移転しています。こちら旧サイトの記事は4月末に削除の予定です)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:橋下維新ステーション(h-ishin.com)
新着記事:維新ニュース(ishin-info.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

橋下氏「ついに朝日新聞が社説で憲法改正のすすめを主張!!ミャンマー憲法のことだけど・・・」3/31のツイート

(twilogより引用)
【橋下徹の激辛政治経済ゼミ】ついに朝日新聞が社説で憲法改正のすすめを主張!!ミャンマー憲法のことだけど。でもこの変えるべきところは変えるというロジックは日本の憲法にもあてはまるよ。→synapse.am/contents/month…
(※記事後半に社説を掲載)

news.yahoo.co.jp/pickup/6196246=朝鮮学校が文科省を批判= こんなことを避けるために僕は大阪方式を編み出した。当時は散々批判を受けたけど法の支配の徹底。やっぱり間違っていなかった。→synapse.am/contents/month…

※参考:朝鮮学校に対する補助金について(大阪府HP)
(引用終わり)


(2015.1.9)
橋下市長ツイッター「朝鮮学校に通う高校生とのやりとり」



「目指すべきは憲法改正だ」
なんて文言が書かれていると、ドキッとしますね・・・(^_^;)
その文字だけ、目に飛び込んできますよ!

すわ誤植か?それとも何か起きたのか?
何度も読み返したりして・・・(^ ^)ゞ

P.S.
改憲といえば・・・
今日は虎ノ門ニュース1周年記念スペシャル
「青山繁晴×百田尚樹 対談!」がありました

(期間限定だと思います、ご視聴はお早めに…)

青山氏「国民の前で堂々と党派を超えて憲法論議をしろ!」
大賛成ですね。

しかし、左派は、はぐらかすか、感情論に訴えてまともな議論にならないでしょう・・・
都構想の時の、テレビ討論の様に・・・

都構想の時、最初はそんな状態でも、討論の仕切りも改善され、何度かやって行く内にさっぱりだった有権者も少しずつ理解が深まってきたのかなと思います。

そして、投票が終わってもしっかり分かっているから、
その後、大阪自民の振る舞いにNOを突き付け、再度、都構想を掲げた維新に期待したのだと思います。

安倍首相も、改憲に関しては国民の理解が深まっていない、と言ってますから、夏のW選?後は、議論を始める事を期待します。

(お時間があれば…こちらも)
「なんて素晴らしい国なんだ」 3週間日本に滞在した外国人が本気で作った映像記録
「In Japan - 2015」https://vimeo.com/160301271?ref=tw-share

関連
「トランプ砲は毎日新聞を直撃。毎日の社説はグダグダ・・・意味不明なロジックに」3/29のツイート
「在日米軍基地撤退では朝日、毎日が、核兵器保有では産経、読売が、結局メディアは皆トランプ支持ですね(笑)」3/27のツイート


(社説)ミャンマー 問われる真の民主改革(朝日新聞)

(引用)
 ミャンマーで新政権が発足した。人口5千万強の国を率いるのは、昨秋の選挙で圧勝した国民民主連盟(NLD)である。

 自由選挙による文民政権は、1962年の軍事クーデター後は初めて。アウンサンスーチー氏率いるNLDへの支持は、軍政脱却を願う民意の表れだ。

 とはいえ、まだ体制の変革とは言いがたい。軍政がつくった憲法の枠組みが今もある。民主化の力量が問われるのはまさにこれからである。

 国防、内務、国境相は軍が指名し、非常時は最高司令官が全権を握ると憲法にある。国会の4分の1は軍人枠で、その同意なしに憲法改正は難しい。

 新政権では、スーチー氏側近のティンチョー氏が大統領に就く。スーチー氏は外相など4閣僚を兼務し、実質的に政権を率いるという。外国籍の家族がいれば大統領になれない憲法上の制約を受けた苦肉の策だ。

 この国が民主化への軌道にのれるかどうかは、新政権と軍が穏当な関係を築けるかどうかにかかっている。経験のない新政権が軍と対等に向き合うには、スーチー氏のカリスマ的な指導力に頼るのは当然だろう。

 だとしても、「大統領も憲法も超える存在になる」というスーチー氏の発言は、新たな独裁者になるかのような印象を与える。法治の原則を見失えば、健全な国家建設の道は遠のくことを忘れずにいてもらいたい。

 軍は経済にも根を張っている。前政権下で諸改革が進んだが、軍と関係の強い企業群の利権は依然大きい。その構造に新政権が切り込めるか、そこにも高いハードルがある。

 国内では今なお少数民族の武装勢力が軍とにらみ合う。新政権は、その問題の解決も期待されているが、ここでは軍の協力を求める必要もあろう。

 前途多難だが、やはり新政権が目指すべきは憲法改正だ。軍政への逆戻りを阻むために不可欠な手続きである。そのためには、国際社会との共栄をめざす価値観が国の将来に必要だという大局観を、軍関係者にも説き続けるほかないだろう。

 残念ながら今の世界では、民主化の流れが滞っている地域が多い。タイが民政と軍政の間で揺れ動き、中国という巨大な権威主義体制が存在する。そんな中でミャンマーの民主化が前進することの意義は大きい。

 1人あたり国内総生産は約1200米ドルで、「東アジアの奇跡」から取り残されてきたが、潜在成長力が大きい。法制度やインフラの整備、人材育成に、日本も支援を強めたい。(引用終わり)

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。