やっぱり!民主・維新合流は昨年7月に決まっていた。江田氏の呼び掛けに岡田氏が決断。

新サイト(h-ishin.com)に移転しました。(過去の記事もすべて移転しています。こちら旧サイトの記事は4月末に削除の予定です)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:橋下維新ステーション(h-ishin.com)
新着記事:維新ニュース(ishin-info.com)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

やっぱり!民主・維新合流は昨年7月に決まっていた。江田氏の呼び掛けに岡田氏が決断。

<民進党>岡田氏、合流を昨夏決意(毎日新聞)

(引用)
 民主、維新の合流は両党内に強い異論を抱え、参院選後への先送り論もささやかれた。しかし、民主の岡田克也代表は昨年7月に合流の意思を維新幹部に伝えていた。岡田氏は党内情勢をにらみ、時機をはかっていた。

 「もうやろうと決めた。野党がばらばらのまま、好き勝手やっている自民党を許すようなら政治家でいる意味がない。2大政党政治に戻すため、民主、維新は一緒になるしかない」。昨年7月30日、岡田氏は東京都内のホテルのバーの個室に維新の党の江田憲司前代表を呼び出して伝えた。岡田氏は「民主は維新と一緒になってもう一度改革政党になる」とも語り、合流で党勢を立て直す意欲も示した。

 江田氏は旧通産省で岡田氏の3年後輩。旧結いの党のグループを率い、合流でもキーマンだ。江田氏は岡田氏を「一度決めたら腹を固める人間だ」と評価しており、その夜、日記に「今日が歴史的な日になるかもしれない」と記した。

 民主内には連合批判を繰り返す維新に強い拒否感があった。この日に先立つ6月、岡田、江田両氏が東京・千代田区の居酒屋で野田佳彦前首相らをまじえて会談した際には、江田氏は「民主、維新が一つの党になってまとまらないとどうにもならない」と訴えたが、岡田氏は沈黙したままだった。岡田氏が先頭に立って合流を唱えれば混乱は必至だった。

 岡田氏は7月以降も両院議員総会などでは「安易に目先を変えても信用されない」などと慎重な発言を繰り返した。8月に水面下で始まった両党協議では、維新側は松野頼久代表、柿沢未途幹事長、江田氏だったが、民主側は、岡田氏が長妻昭代表代行、安住淳国対委員長代理を指名し、枝野幸男幹事長を外した。

 いぶかる維新側に対し、民主側は「枝野氏には党内反対派への配慮で悪役を演じてもらう」と伝えた。枝野氏は合流決定直前まで慎重姿勢を示し、岡田氏が最後に決断を下す環境作りを担った。

 維新側で民主へ接近する執行部に大阪側が反発した結果、柿沢氏が大阪側の批判を浴びて党分裂に至ったのとは対照的だ。岡田氏が決意を秘めたまま協議を主導したことが、合流を成功させた。(肩書は当時)【田所柳子】(引用終わり)


案の定でしたね。

あの当時、橋下氏・松井知事の言動が突如変わった事が非難されましたが、これが明るみになった今、あの対応は当然だったことが分かります。

それにしても・・・
住民投票に負け橋下さんが引退宣言、翌月には民主との合流を提案した江田氏・・・
で、代表代行ですか・・・恐れいります・・・

橋下市長「維新の党・内紛解決に公開討論会を提案。応じなければ離党を示唆」(2015.8.24)
松井知事「柿沢氏が幹事長を続けるかどうかに関わらず、離党する」(2015.8.27)
橋下市長「維新の党離党について」定例会見(後半)2015.8.27(2015.8.27)
(橋下・松井離党表明の夜)「維新・松野代表、江田氏と民主・岡田代表が会談」(2015.8.30)

今読み返すと、柿沢氏が頭を下げれば収まる様なつもりで色々書いてますが、恥ずかしい限りですね・・・(汗)

須田慎一郎氏
(住民投票後)「江田憲司は、『これで橋下も死んだ』と言った」(2015.12.4虎ノ門ニュース)12:42から

(画面中央の再生ボタンを押下後、別ウインドウが開きます(広告)。こちらに戻り再度、再生ボタンを押下。しばらくすると再生が始まります)

分裂は不可避・・・
見えない所で激しい攻防があったんですね・・・

関連
橋下市長「偽物維新には次の一つの質問をすれば、その偽物さがはっきりする。あなた方はTPPに賛成なのか反対なのか?」10/6のツイート
橋下市長「偽物維新の党と民主が組んで公務員の給料2割削減、国会議員の定数削減だって!!こりゃ、笑えないコントだね。」10/5のツイート

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
▲トップへ戻る▲


やっぱり!・・・
>今読み返すと、柿沢氏が頭を下げれば収まる様なつもりで色々書いてますが
>恥ずかしい限りですね・・・(汗)
トラブルを起こした人が頭を下げたら収まると考えるのは日本人なら普通です
この段階で江田グループ+αは「ルビコン川」を渡って引き返せない地点まで
到達していたってことでしょう。
だから自分たちの行為を正当化するために大阪組を「破門・絶縁処分」にした訳ですね。
寝首を掻こうとしたのだから、反撃されたら政治家生命を絶たれるくらいの
覚悟が必要だと思いますけど、その後の動きを見ていると子供が遊んでいる
ようなものでしたね。
[ 2016/03/28 17:12 ] さん@管理人 [ 編集 ]
面白いですね。いや、江田氏の動きは不愉快だけれども(苦笑)

橋下さんが「党員も一票で代表選をやる」というアピールを繰り広げたのが7月の終わり。そしてひと月もしないうちに東京系との摩擦が悪化。その間には江田岡田の密会が挟まれている…と

「橋下さんがいるから党員になったのに」という一般の嘆きも聞かれた事件でしたが、やはり暗躍が明確になったことで決裂に至ったのでしょう。

ただ、よく分からないのが、これまことしやかに「松野を代表にすべく小沢一郎が子飼いの松木議員らを使って金をばらまき票をかき集めている」という記事が出てたんですよね。これは言われてみればそうかな・・とも思えるんですが、当時の東京系維新のキャスティングボードを民主党岡田と生活の党小沢で取り合っていた、ということになります。江田氏としては党内の松木議員のそういう動きを(仮に記事が真実であるとすればですが…)どう見ていたんでしょうね

いやー、ホントに食わせモンだ
[ 2016/03/28 19:53 ] さん@管理人 [ 編集 ]
裏切り野郎江田ケンジは大阪都構想住民投票で注目が集まる中、己の名を売ってウラではこの動き(怒) こいつだけは許せないね!
[ 2016/03/28 21:39 ] さん@管理人 [ 編集 ]
ここ数か月の江田氏や柿沢氏の行動を見たら、渡辺喜美氏も気の毒に思えてきますね

あの二人、今度は民進党乗っ取りでしょうか(笑)
[ 2016/03/28 23:14 ] さん@管理人 [ 編集 ]
その偽物維新ですが…
どうも、民進では2月22日に消費増税凍結の方針で決まってたみたいですが
つい先日岡田代表がテレビで、消費増税決行と発言したそうで、偽物維新の人間が戸惑ってるみたいです
いやぁ…ここまで見事に思った通りに動くと、笑えもしないし同情も出来ないし、何というか…見ちゃ行けません!って感じですわ

調べるのも面倒かも知れませんが、偽物維新の木内たかたねのTwitterのログをご覧下さい
[ 2016/03/28 23:37 ] さん@管理人 [ 編集 ]
都構想敗北時に江田は『橋下は終わった』と結論付けたのでしょう。
そしてすぐさま民主党へすり寄った。
それを知った橋下は激怒したってことですかね。
柿沢の行動はいわば既定路線の鉄砲玉ってことですね。
ナメられたもんだね、橋もっちゃん。
この報道が毎日の“合流成功のきっかけ”って感じが非常に気に入らない。
むしろ理念を捨てた偽維新の行動と書くべきではなかろうか。
[ 2016/03/29 12:35 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。