町内会上部組織に「領収書不要」の補助金を出していた平松元市長 指摘した橋下氏を名誉毀損で訴えるも敗訴

このサイトは移転しました。新サイト:h-ishin.comで記事は更新しています。(過去の記事もすべて移転しています)

当ブログは、新サイトに移転しました! トップページでは数秒後、引越し先:http://h-ishin.com/に自動転送します。

SNSアドレス変更しました! [ツイッター]https://twitter.com/h_ishin_com  [facebook]https://www.facebook.com/hishincom/

お手数おかけしますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

先憂市民

Author:先憂市民
日本の未来を憂う、
一市民が運営しています。

「このブログについて」

橋下維新(非公式)応援ブログです。

リンクフリーです。

コメントも、お気軽に残して下さい!(誹謗中傷・罵詈雑言・論理的におかしいものは載せません。ご了承下さい。)

メールフォーム

訪れて頂いてありがとうございます。皆さんに必要とされるページを提供する為、日々試行錯誤しております。ご要望・ご意見・お気づきの点等ございましたら、お気軽にお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

【メールアドレスを知らせたくない場合は、適当なアドレス(test@gmail.comなど)を入れて送信下さい】
全記事表示リンク
新着記事:(新)橋下維新ステーション
新着記事:(新サイト)維新ニュースinfo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TrackBack(-) | Comment(-)

町内会上部組織に「領収書不要」の補助金を出していた平松元市長 指摘した橋下氏を名誉毀損で訴えるも敗訴

「発言に名誉毀損なし」平松元大阪市長、橋下前市長に敗訴 大阪地裁、仮処分と異なる判断(産経WEST)

(引用)
 橋下徹前大阪市長の発言で名誉を傷つけられたとして、元市長の平松邦夫氏が発言を含む動画の削除や慰謝料1千万円の支払いを橋下氏側に求めた訴訟の判決が15日、大阪地裁であった。野田恵司裁判長は「発言は公共の利害に関するもので、意見や論評の域を逸脱していない」として、平松氏の請求を棄却した。

 判決によると、橋下氏は平成26年7月~27年3月に市内で行われた地域政党「大阪維新の会」のタウンミーティングで「僕と平松さんが戦った市長選。町内会に現金100万円、領収書抜きに配られています」などと3回にわたり発言。維新側はその動画を投稿サイトなどで公開した。

 訴訟で平松氏側は「公職選挙法に違反する行為を行ったかのような虚偽の発言で、社会的評価を著しく低下させられた」と主張したが、判決理由で野田裁判長は、平松氏の在任中に町内会への補助金が領収書の不要な交付金制度に変更されたと指摘。「橋下氏の発言は制度変更の当否を取り上げるもので重要部分は真実だ」と違法性を否定した。

 発言をめぐっては、大阪地裁の別の裁判長が昨年6月、平松氏が動画の削除を求めて申し立てた仮処分で「集票目的で買収を行ったような印象を抱かせ、橋下氏らによる名誉の侵害は重大だ」として一部削除を命じる決定を出し、維新側が削除していた。

 平松氏と橋下氏は、大阪府知事とのダブル選となった平成23年11月の大阪市長選で一騎打ちとなり、知事からくら替えした橋下氏が、現職だった平松氏を破って初当選した。(引用終わり)


まあ、言いがかりか、補助金をもらい選挙応援してくれた自治会組織「市地域振興会」のご機嫌取りで、訴えたんでしょうから、結果は当然ですよね。

関連
「100%助成・渡し切り・領収書不要」の補助金制度に変えたら・・・「市地域振興会が『都構想反対』を決定」
橋下市長ツイッター「大阪市の一部町内会と、選挙との関わりについて」

当ブログは、新サイトに移転しました!

引越し先:http://h-ishin.com/

過去の記事もすべて移転しておりますので、新ブログをご利用下さい。

右上の「ブログ検索」でも新ブログが検索できます。

(スポンサーリンク)

関連記事
応援して下さる方は、クリックして頂けるとうれしいです!
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2016/03/17 10:59 ] 大阪市 | TrackBack(0) | コメント(5)
▲トップへ戻る▲


黒字で強調してある裁判長の言葉は重要ですよね。ヒラマツの姑息なやり方に天罰が下りました(笑)
[ 2016/03/17 11:10 ] さん@管理人 [ 編集 ]
加害者が被害者のフリ...みたいなもの?こういうこと結構あるみたいで驚きです.
[ 2016/03/17 13:41 ] さん@管理人 [ 編集 ]
地域に渡される補助金成る者はもう一切廃止すればいい。有償ボランティアという身分を作ってやればいい。
この内容が、ああいう形で表ざたになったその時よりも時間がたつごとにこの連中の懲りない面々だということがより大きく感じてくる。

こんな奴が大阪の行政のトップにいてたなど夢になってほしいほど恥である。

この平松をはじめ、あの堺の竹山市長が、大阪維新の会候補者との一騎打ちでの堺市長選挙のあの街宣車の上で奴が放った文言、汚い口をして吠えたあの地域まちづくり協議会に100万円ずつ追加で配りますと発言したのを初め、
過去の大阪に於けるあらゆる国政選挙、地方議会議員選挙、首長選挙でのこの地域の役員らに渡してきた税金から出てきているこの色の着いた薄汚い地域補助金と称する金銭、手垢と欲で汚れたこの金が彼らに配られたとき、こいつら地域の役員がこれを「恥と感じない」で、よく拒否もせずによく受け取れたもんだ。

しかもこれをきちんと内容を明確に証しがつかめる裏付けのきちんとした者にしか出さないとした橋下行政に対して、よくもこいつら文句が言えたもんだ。

おまけにまだこいつらはそのことをもって今回判決が出た者についても、こういう裁判まで掛けてくるこのもうあきれた薄汚れた奴ら。

こんな奴らが大阪でテレビ局で偉そうに、自治体行政を語り、日本の政治行政についても報道という一番見識を求められるその中で存在した者が、大阪の行政のトップである首長になり、見るも無残な内容が晒され、そして奴のとどのつまりが、最後は、これかよ!って。

もう国民市民府民とすれば、呆れ果ててなにおかいわんやである。

奴が食んだ税金での報酬を、今すぐにでも返還、返してほしいほどに憤りを持つ。
奴が存在していた期間の大阪がどこまで何の価値もないまだ弊害しか残さなかった。
我々市民府民にすれば、お前が受け取った給料、政治資金、これをすべて国民府民市民に返せよ!って。

よくぬけぬけと賞与、退職金までもろ手に泡で受け取れたものだ。
よく恥ずかしくないもんだ。

判決が出たのを目にして、このことが話題になったあの時期よりも今の方が、国民にすればこんな奴らに税金が食いつぶされてきたかと思うと、本当に頭にくる。
大阪都構想が構想に出る以前の、もう20年以上前からこの地域に配ってきた補助金について幾ら追及しても幾らその明細詳細を見せろと区役所に詰め寄っても奴らは一切隠して絶対に見せなかった。

私らがどれだけ区役所で怒鳴りつけても奴らはびくともせずに、この補助金の使われ方補助金の給付額等についても、だれに渡しているのかも、これら一切教えなかった。
詳細を出せと区役所には毎年のように、もう何度も何度もあきらめずに二十数年やって来て、そこに橋下さんが府知事に当選された。
そのころから区役所が、このことを私が追及してると、このころから何か役所の担当がちょっと少し”びくつき”だしてきた。

これを、私のようにくどいぐらいやってくる市民の要求に、ここらへんで応えて出して見せるべきか、それともいつまでも知らん顔してほって置き隠したままでやり過ごすべきかを、職員が何か怖がり出し、奴らがちょっと迷いだしてきた。

そこで私は区役所には200名ほどが存在するので、職員の中で誰かこういう隠ぺいで隠すようなこういう状況をもう止めて、税金の使われ方をそのまますべてを国民市民に見せるべきだと、そう思う職員がこの全員の中で一人でも居ないかどうかを探した。
そこで大きな声でその部署のカウンターで、職員大勢のみんなに聞こえるように叫んでやった。
『税金が、地域の町会他奴ら役員らに野放図に言われるままに不当に渡されて、そのまま奴らの小遣いとして使われている。
それが結果的に選挙の折のどぶ板選挙の下での資金と足につかわれている。
地域の振興だとか地域のコミュニティーの為だとかが全くしていなくて、実態は選挙の運動費用としてこの補助金が役員らにただの小遣いとして奴らに渡されている。
違法行為も甚だしい。
これまでずっと中身の明細を見せろと、帳簿を見せろと、もうずっと初めから区役所に伝えて要求しているが、こいつら数十年間一切隠して見せようとしない、お前ら公務員だよな、こんなことを許すのかあ?
一体どう思ってるんだあ?
俺にこの補助金がどういう形で、どういう形で使われその証明がすぐにとれる状況になっているかを俺は確かめたい、と。

だから俺に協力して地域役員らにこれまで渡した補助金の金額、明細、内容、その目的の詳細、誰に渡したのかのその名簿の明細、その使われ方の、目的通りの内容になって居るか証明できる活動の参加者全員が映って居る写真、全員の署名、その裏付けになる、活動を証明できる詳細、その使われた証拠になる裏付けの領収書及びその補助金に関係して活動に参加した者ら全員の署名及び名前もわかる証明する写真、これをすべて添付して補助金が出ているのかのそういう内容について、私に報告が出来るという職員、私はそれをやりますよと言う職員が、君らこの中に居たら、私に言ってきてくれ】、と告げた。

数日後に私が区役所のその部署に電話をしたら、
その時に或る職員にたまたま電話でつながり、その職員が私に【私、あれ、やりますよ】と言ってくれた。

直ぐに区役所に言って課長に詰め寄ったら、課長も課長代理も係長ら複数名が一斉に抵抗してきた。
絶対に出すつもりがなさそうだったので、課長に言ってやった。
無論若手の職員が【やります】と、そう言ってくれていることは、まだ内緒にして。

【お前さんは、もうあと数か月で定年で退職し退職後天下って大阪市やここと繋がるのか?
それだけは止めとけよ!
ここにはもう帰ってこないんだろうが。
お前はここであとずっと居ることも無い、喧嘩をやっても、もう、一寸だけだろうが!
全部出せ!
退職後は、お前は今後地域の役員らと顔を合わすことも無い、地域の役員と喧嘩したとしてもあと数か月だけやないか、わずかだろううが!
全部奴らbに渡してきた金を全部バラせ!
何の問題があるのか!、
お前のポケットマネーから出た金と違うぜ!
良いかげんにせえよ!】と告げたら、横にいてたその若い職員が
【私やりますけど】って言った。

これを弾みに、課長はもうこれはしょうが無いと思って覚悟が決まったのか、そこからはもう流れるようにすべてを出してきた。
聞けばほぼ何でも答えて出すようになった。

ところがその課長が退職後に、今度違う課長になった途端に、問い詰めても一切答えなくなりまた隠しだした。

やりますと言ってくれていた若いその職員は、その若い職員は、その課長が来た時点で、一瞬でほかに移動させられて区も違うところに転勤させられてしまった。
現状又すべてを開示しないし、どういう状況で使われてそれをどういう状況で裏付ける、使う目的とつかわれたその詳細を裏付ける書類等、そういう私がこうやれば奴ら地域の役員らは不法不正な小遣い状況で渡されていた過去のここまでの支給状況が一変すると、おかしなことが出来なくなると要求したそういう書類提出を、役員らに義務付けているかどうかについても、答えないので、我々市民にはまた答えなくなって見えなくなってしまった。

私が要求して初めて開示された当時は、補助金の額は、年度ごとに単一の年間ごとにこの区役所だけで、1億を少し切るぐらいの金額であった。
ものすごい金額が好き放題で地域の役員らに渡され、小遣いになり、行われるあらゆる選挙運動の、その地域での町会での活動の資金になっていたのだ。
まあ言えば選挙運動の前渡しの小遣いだ。
それを区役所がわざわざこいつら地域のまあ言えば選挙参謀のような連中らに役員らに小遣いを先渡しで常時渡してきていたということ。その見返りに選挙の折には必死で口コミをやりとんでもないデマを飾ったチラシ配りをやっていたわけだ。
選挙の悪の本当の”ガン”は、実はこの役所から出ているこの全国の地域役員にに渡されてきた補助金にあったのだ。この補助金がここまで自民党、共産党公明党の票を左右しつかんできたのだ。この地域の連中に渡されてきていた補助金をカットすることを一番嫌がったのは実は議員のほうなのだ。
選挙資金が、形を変えて地域の役員らに補助金という名目で今まで渡され、こともあろうにその出何処が実は役所の区役所から出ていたんだから。
これが無くなることに一番の危機感を持ったのが実は地域の地方議員ら。
自分の選挙資金が、実は区役所の補助金で肩代わりされていたわけだ。
私は地域へ渡す補助金などきょうにも一切廃止でいいと思っている。

自民党の府連の元幹部職の議員は私との電話で、地域補助金はすべて一切禁止にすべきだと口では私に言いながら、地元では補助金は絶対になくさせないようにおおさか維新の会の、使い道の明確化と価値についての詳細裏付け証明を要求する案の、この結果的に減額主導についてこいつらは批判をして自分のこの間の選挙運動でもこれを言いながらやっているのが実態。
地方議員は絶対にこの現状の区役所から出す税金での選挙費用の肩代わりと同じ意味合いの補助金を、カットさせたくないのだ。
特に民主党、公明党、共産党は。

大阪はそこがものすごくひどくて、まるで犯罪者集団の塊のような連中らで、こいつらまあいえば、この、自分の選挙運動の選挙費用を結果的に区役所から出させた補助金で賄うような方式、まあ言えば国民の、大阪市民府民の金で奴ら自分の選挙運動資金に補助金で賄う卑劣な選挙運動をさせているようなもの。

これだけの金額の税金が、地域の役員と称するとんでもないこんなあの連中に何の証明らしきものも無く毎年渡されてきていた。

これが私が詳細を見てから、こういう活動を示す証明の参加者全員の署名と活動に参加したその全員、全員が映る写真、これを、署名を取れと言ったことがあってかどうか、翌年のその私が問い詰めて詳細を出させたその翌年度から、地域に渡す補助金の額が、前年までの1億円ほどだった金額が、翌年度から一気に4200万円程にまで支給分が下がって減額された。
だから翌年度からは、6000万円程の額が前年までから突然にこの4200万円に、ここまで大きく減額された。4200万円にまで減額され、この金額が翌年から補助金として地域役員らに渡されることになった。

この年度がちょうど同時期になり、橋下さんが平松に勝って大阪の市長選挙で当選した翌年度からこうなった。期間は迫っていたがでも早急に改革をやってくれて区役所が頑張ってくれてわずか数か月でそれが執行されることになった。
確か2か月ほどでこの金額に緊急に変更された。
このことで決定した地域のこの補助金の減額で、地域役員らが集まってどこがどれだけという分配の話になった時には彼らの形相は相当役員らどうしで嫌悪な空気だったと、課長が笑いながらその時の状況を私に報告をしてきた。

一つの区役所で過去毎年度地域に渡されてきたこの補助金、一つの区役所だけでも年間で6000万円という金額が一気に減額されて、このことででは、それで地域は何かぎすぎすしてとんでもない状況かと言えば、活動に制限が出たかといえば全くそんなこともなく以前と何ら一切変わることも無い。
祭りも運動会も子供の登下校時見回り等も普通に行われている。

つまりは奴らが不当にポケットに入れていただけで、地域のためなどというのは全くの嘘虚言であり、とんでもない税金が流され、その資金を配ることで地域ごとでの選挙の折にこいつらの議員らが頼み、議員の代わりに地域で”どぶ板”のように選挙運動を繰り広げ、自分らへの補助金小遣いをもろ手で泡に掴ませてくれるまさに朝鮮流の、小遣いをくれる、渡してもらえる議員を、懲りずに応援し、国民を騙くらかして税金を搾取し選挙をやってきていたということ。

あの都構想の折に橋下さんや市と府の役所の幹部職員とで行ったあの大阪市内を39回だったか説明会を開いて回ったあの折のネット中継上のあの書き込みが出来るあの画面に、このろくでもない地域役員らに渡されているこの補助金の一切停止と排除について今すぐにでも止めさせるべきだと、これをすぐにでもやるべきだと、私は相当回数画面に向けてそのことを書き込みをやった。

ちなみに西淀川区は現状まだ1億円を超えている。
東淀川区は2000万円程だけ減額した、
都島区は1500万円程減額したとか、
淀川区は1500万円程の減額をしたという。

私が問い詰めた区役所の場合には、先に書いた様に年度で、一気に6000万円カットということも、これも我々が職員を追い詰めて初めて出てきた数字であり、きつく追い詰めればこういう額が減額できる。
そのことで何ら反動のリスクは出ていない。
でもほっておくとここも、また同じ状況に戻そうと現在の今の担当の課長らはやりだしてきている。
増額に向けていこうとやっている。

これは橋下さん就任後橋下さんが、それまでの以前の前任の大阪の市長までのやっていたやり方をやめさせて、この地域の役員らに渡していた補助金について問題視されて、それを怖く感じ出した職員がおもんばっての職員が自ら区役所ごとでやりだしてやった額であり、橋下さんが方針を決めて遣り出したことで区役所職員が少しでもと思い出してきて変化した額であり、各区役所に私が問い合わせて、担当部署の職員からの区役所ができたその回答であり、私がじかに確認はしていない。

電話での解答だけであるが。
書類の詳細をこの目で見て確認はしていない。口頭で答えさせた数字だ。

実際に確認したのは大きく一気に翌年度からバッサリと減額させたあの時期のあの時のあの区役所だけだ。
この区は、でも今また再度増えだしてきているようで、4000万円ほどだったものが6000万円に近づいているともちょっと小耳にはさんでいるが、本当の詳細は奴らが見せないし、答えないので、またわからない。

ここずっと区長と直接面談したいと要求しているが、職員が徹底的にガードをして、口調には一切私との面談を、合わせない工作をやっている。
拒否し課長と課長代理係長すべてで厳重にガードして、私とは絶対に会わせないようにやっている。
絶対に会わせないようにずっとやっている。
連絡しても、区長の手前で職員がすべて遮断してつながせない
今の現状はこうだ。前の高木長が来る手前のころは3年以上要求しても一切面談をさせなかったが公募口調になってから中川区長と葉鹿に総務課で直接たまたまいてて会えたから直談判で会うように要求して承諾させたことがあるんだが。
この間職員がすべて私との区長との面談は一切拒否して止めてきた経緯がある。
もうかれこれ10年以上。

今回も今度のこの区長に会わせるように要求しているが今回もまた会わせるまでにもう数年にまでまたなりそうになってきている。

今回も前年度からだから、もう年度を超えてきたほど。
これほどの期間まだ私には会わそうとしない。

昨日も区長に合わせるように要求したが、課長、課長代理が、係長が、間に入って区長と直接一切合わせないように色々なことをやって邪魔をしている。

問い詰めて聞きたいことは結構あるんだけどねえ。
[ 2016/03/17 14:59 ] さん@管理人 [ 編集 ]
平松氏は、市長選で敗れた直後はまだそれでも"一般"の市民からもそこそこ支持があったように記憶してますが、その後、本件や「ゴーヤとヘチマ」、「内部告発者への対応」等が世間に広く知れ渡り、すっかり「実は何もしなかった口だけ政治家」のイメージが市民の中に認識され、以前ほど"一般市民"が相手にしなくなった感があります。(私も最近は平松氏のコメント・動向に全く興味がなくなってしまいました)

身から出た錆とはいえご本人や内田樹氏等の関係者の方々はさぞ悔しい思いをお持ちなのではないでしょうか。
[ 2016/03/18 00:58 ] さん@管理人 [ 編集 ]
大阪の地域に渡し続けてきた補助金は、田母神さんの公職選挙法違反事案とどこがどう違うの?同じじゃあないの?なあ、出していた竹山堺市長!違う?
昨日、UR都市基盤整備機構への強制捜査、
本日逮捕という流れになった田母神氏の件だが、これってやっぱり逮捕される案件なのか、
まあ普通で行けば違法になるのだろう。

今日選挙管理委員会の課長と話をして、
【ちょっとおかしな状況があるのに、こっちは逮捕される案件にならないのはどうしてなんだ?】
【同じようにお金が流れて行ってるんだが、でもこっちはこれは公職選挙法には違反にはならないのかあ?】って、
中身はもう全く同じ仕組みで、同じようにお金が流れても、このお金が出何処が【役所】から出ていれば、同じように使われたとしても、それは違法にはならずに、今回の田母神さんのように、役所から出してもらった金ではなくて、自分で集めてきた【個人の金】で、同じ流れで金を出費し動かしたら、逮捕になる、ここはおかしいと思うんだが、どうなんだあ?選挙管理委員会としてどう思うんだあ?
と、ちょっとぶつけて問題提起をしてみた。

役所からは、【田母神さんのあの件も報道で出ているような状況がもしも事実ならやっぱり事実なら違法扱いになるでしょう】との回答だったが。

どのことかといえば、
いわゆる地域への補助金について、地域振興会、連合会、街づくり協議会、町会、自治会等のいわゆる地域の団体組織に過去ここまで何十年という長年にわたってここ大阪では莫大な大金が彼ら地域ごとのその代替組織の役員らに配られてきた。元公務員や現役の公務員までがその地域での役員をやっている地域も多い。この連中に長年渡されてきた補助金という名目で渡されてきた税金は、私の十数年以上の私がつかんできたことからいけばこんなものはほぼ必要すらないような事業と称する内容が実は有るのかないのかわからんレベルの項目、名目だけ作り上げて、中にはありもしない活動事業でのでっち上げてただ金銭を税金を小遣いとして奴ら地域の彼らがその税金を何とか毎年変わらずコンスタントに自分の小遣いをせしめる為にその思いで、この区役所から出される補助金を得るだけのために組織化して作り上げた勝手に作り上げた地域ごとでの団体の、その役員に渡していただけというもの。

この莫大なる補助金は、実はこれは選挙運動の活動を依頼するために無条件で手渡されてきたわけもわからん資金、むろん税金。

だからこういう内容だからその地域ごとでのそういう補助金が区役所からその地域に予算、補助金が出ていることすら役員らはひたすら隠し絶対に表では見せない、地域住民のためのみんなのための補助金であるはずがそれを一切見えないようにして地域住民は一切そのことを知らされずにただ役員の懐に入っていただけ。
この金が実は選挙ごとのその選挙の活動、選挙運動、支援活動をやってもらうための前渡しの小遣い代わりに、運動する依頼の費用の代わりに毎年コンスタントに奴らになんとそれを区役所からの補助金という名目で渡されてきた。

つまり選挙運動の運動費用、活動費用、これを賄ってもらうのに政治家は区役所から自分の選挙の折の活動費用をこいつらに渡しその見返りにどぶ板選挙をやってきたのだ。

この流れと今回逮捕されたといわれている田母神さんの内容と一体どこが違うのか私にはわからん。

名目さえでっち上げて変えていれば出てくるこの補助金、これをどぶ板選挙の活動の原資にしてきたこいつらはでは逮捕されずに田母神さんは逮捕される。

役所が出した金で、その金をもらって選挙運動をやってるものらは逮捕されずに、その内容の流れで選挙をやってもこいつらは無罪放免で、田母神さんの内容はだめだ塔子の区分けってどこ?って私は聞きたいねえ。

区役所から出している補助金を、実は実態はていのいいその見返りに選挙運動で支援活動をやってもらうための、私に言わせれば賄賂もいいところの費用になっていて、選挙活動費に使ってもらうために区役所から前渡しで毎年出させてきたここまでの議員ら、、。

一つの区役所で、大体1億円以上の補助金が立ち上がり、こんな莫大な税金がこんな奴らの実は選挙応援団への小遣いの前渡金だったと。
これって賄賂にはならんの?

政治家が、この区役所からの組織団体役員らへ配る補助金と銘打った小遣い、これを毎年金額を前年よりも絶対に減らさぬように、役所に強い圧力をかけてきたこの実態。

田母神さんを逮捕するよりももっと先にやれることがあるだろうが!って。
もう何十年と続いてきてここ大阪では、単純に計算しても、30年間で単純計算でも800億円もの金額が大阪市内だけでもこいつらに、こいつらに小遣いのように渡されてきた。
私はここまでの大阪での議員らのこいつらを先に逮捕させるべきだと思うんだが。
[ 2016/04/14 22:43 ] さん@管理人 [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



ブログパーツ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。